T-ACT(つくばアクションプロジェクト)は、あなたの「やってみたい」を応援するプロジェクトです。

企画実現までの流れ

企画実現の流れ

t-actプランナーがWEB上で企画を申請し、教職員にパートナーとして加わって頂きます。掲示やビラ配布等オーガナイザーとなる学生を募り、パーティシバントとなる学生や教員、その他の方々と共に企画を実施します。そして企画が終わったら、活動を振り返り、報告します

まずはT-ACTフォーラムで相談し、以下の手順で進めましょう。

  1. 1.企画の発案者「プランナー」が、WEB上で企画申請する。
  2. 2.教職員に「パートナー」として加わってもらう(※必要条件)。
  3. 3.掲示、ビラ配布、T-ACTのWEBサイトや電子掲示板を通じて、「オーガナイザー」となる学生を募りながら、企画を運営する。
  4. 4.「パーティシパント」(学生、教職員、その他の方)を募り、企画を実施する。
  5. 5.企画が終わったら、活動の素敵だった点と反省点を振り返り、活動報告をする。

☆ 半期ごとに、活動報告に基づいて企画の表彰を行っています!

活動のコツ

まずはT-ACTフォーラムへ

「やってみたい」ことがぼんやりとでも浮かんできたらまずT-ACTフォーラムに相談しましょう。

仲間を見つけよう!

「三人寄れば文殊の知恵」。一人で考え込むより、仲間と集まって考えることでさまざまな可能性が開けるでしょう。
一緒に活動を進める学生オーガナイザーを見つけましょう。気の知れた仲間でも、知らない人との新たな関係の中でも、仕事を任せたり頼ったりする体験は非常に貴重です。また、活動の過程で教職員の力が必要になります。強力な助っ人として、教職員をパートナーに迎えましょう。

ミーティングを重ねる

プランナーは自分の思いや考えを仲間たちに発信して、オーガナイザーやパーティシパントとの間で意見を交換しましょう。意見がぶつかり合うほど、相互理解は進むものです。さまざまな人間関係のトラブルも見えるかもしれません。
オーガナイザーはメンバーをまとめ、一人一人の意見を尊重し、誰一人気持ちを抑え込むことのない場を作り出していきましょう。

チャレンジ精神

何かを始める前、不安になったり心配したりするのは自然な反応です。
ただ、やってみる前から、「どうせ無理に決まっている」などと決めつけてしまうことはもったいないと思います。自分で 「失敗だ…」と思うことが、他の人たちからは「やってみてよかったと思う」と評価されることもあるでしょう。
また、うまくいかなかったとしても、その経験こそが次なるステップに必ずや役に立つことでしょう。小さなチャレンジで大学生活を輝かせていきましょう!

T-ACT 活動上の注意事項

T-ACTとして認められた活動

T-ACTによる活動はT-ACT部会で承認されたものに限られ、「活動許可証」によりそれを示すこととする。それ以外の活動はT-ACTとしては認められない。

規則の順守(学生便覧参照)

T-ACTの活動は、「国立大学法人筑波大学学生の活動に関する法人規程PDF等の諸規則を順守し、実施すること。
なお、掲示・配布許可については「国立大学法人筑波大学学生の活動に関する法人規程」第14条(掲示)、第18条(配布)の手続きに代え、以下の手続きで許可を受けることができる。

掲示・配布許可について

T-ACTの活動許可を受けた学生が学内において、文書、ポスター、立看板その他の図画(以下「文書等」)を掲示・配布しようとするときは、T-ACTフォーラムに申請し許可を受けることにより、T-ACT部会の承認印をもって、学長の許可に代えることができる。
許可手続き以外の掲示期間、文書等の大きさ、掲示の制限等は「国立大学法人筑波大学学生の活動に関する法人規程」を準用する。

活動実施に際する届け出について

T-ACTの活動許可を受けた学生が活動するにあたり、集会(講義、練習、ミーティング等を含める)や学外で活動を行う際、活動場所は学内・学外に関わらず、必ずT-ACTフォーラムに「活動届」を出さなければならない。

学外リンクの申請について

学生・教職員がT-ACTのWEBサイトに対し、学外リンクの申請を行う際には、筑波大学情報環境機構学術情報メディアセンターが定める「筑波大学における情報システム利用に関するガイドラインPDFの「情報発信における責任の明示」および「情報公開のコンテンツに関する遵守事項」に準拠することとする。
なお、学生・教職員によるT-ACT活動のWEBサイトのリンクについては、原則その活動期間が終了したと同時にリンクを削除することとする。

お問い合わせ

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学T-ACT推進室(T-ACTフォーラム)
TEL:029-853-2222
メール:forum@t-act.tsukuba.ac.jp

企画実現までの流れ