T-ACTって何?

 T-ACT_signT-ACT(つくばアクションプロジェクト)は、あなたの「やってみたい」を応援するプロジェクトです。

 「つくばアクションプロジェクト」は教職員による準備チーム(「チームT-ACT」)によって構想が練られ、この案が文部科学省の募集した「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」(通称、学生支援GP)に採択されて開始されました。平成20年度から4年間補助金を受け、これに大学側の自己資金を加えて展開しました。

 

3つのT-ACT

T-ACTアクション
学生が立案する活動です。
あなたの「やってみたい」から企画し、実行に移すための仲間を集めて行いましょう。
T-ACTプラン
教職員が立案する活動です。
教職員とコミュニケーションをとり、専門性と運営スキルを学ぶことができるでしょう。
T-ACTボランティア
地域活動団体が募集するボランティア活動です。
社会貢献活動へのはじめの一歩を踏み出してみましょう。

 T-ACT活動の特徴は比較的短期間であることです(アクション・プランは半年以下)。
あなたのタイミングで始めることができます!
企画の内容や規模、活動場所、問いません。
さぁ、「アクション」を起こしましょう!

 

3つのT-ACTそれぞれの特徴

学生の立案による活動

今の自分の興味関心やニーズである「やってみたい」から企画し、実行に移すために仲間を集め、「学生主体」で実施される活動です。
法律、学則などに違反しない半年以下の「単発型・短期型」の活動であれば、企画の内容や規模、活動場所は問いません。T-ACTが実現をサポートします!

 

 

 

 

 

 

教職員の立案による活動

教職員の問題意識や専門性からスタートし、学生とコミュニケーションをとりながら「共創」される活動です。
専門性を活かし発揮すること、計画し仲間を運営することなど、企画実現のモデルとなり、T-ACTアクション創出を促進しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

企画実現の流れ
企画申請
活動中の企画を探す

 

 

 

地域活動団体のボランティア活動への自発的参加活動

地域活動団体が募集するボランティア活動に参加することができます。地域活動団体と新たに活動を創出できる情報もあります。
社会(地域・国・世界)にあるさまざまな課題と、それを解決するアイディア、学問的な技能や知識を見出すことができるでしょう。

 

 

ボランティア募集情報を探す

 

 

 

 

 

T-ACT活動を通して育まれる自発性、企画力、そして人間力

T-ACTでは、活動を通して「参加力」「体験力」「コミュニケート力」「統率力」「企画力」の5つの人間力の成長を狙いとしています。活動に積極的に参加し取り組む「参加力」、その場でさまざまな物事を感じとる「体験力」、協調して他者と関わる「コミュニケート力」、仲間をまとめ上げて率いる「統率力」、アイデアを実現させ、新たなものを創り出す「企画力」です。
これらのスキルは、学生の皆さんの能力を多面的に開発することにつながり、現代社会のニーズに合致した「筑波人」となることでしょう。皆さん一人一人の力が皆さん自身の未来を創り、筑波大学の新しい姿を生み出すことでしょう。